Home > Tips 連載 | レジストリ > Windows レジストリTIps 第8回 -アプリケーション起動時に優先度を選択-

Windows レジストリTIps 第8回 -アプリケーション起動時に優先度を選択-


プロセスの優先度
実行中アプリケーションの優先度(リアルタイム,高,通常以上,通常,通常以下,低,)はタスクマネージャなどから操作することができます。
優先度をしょっちゅう変えるという方はあまりいないかもしれませんが、今回はこの優先度をアプリケーション起動時に選択することができるカスタマイズを紹介します。

変更するレジストリ
キー : HKEY_CLASSES_ROOTexefileshellKey Namecommand
値 : Key Nameとその下のcommandの規定値(REG_SZ)

少々ややこしい設定になります。
まずHKEY_CLASSES_ROOTexefileshellまで開きます。
shellキーの下には「open」などのキーがあると思いますが、今回はshellキーの下に新たに「XQSHQ」というキーを作成してください。
さらに作成したXQSHQキーの下に「Command」というキーを作成します。

キーの作成はこれで完了です。
次に作成したXQSHQキーとCommandキーの規定値(レジストリエディタでは(既定)と表示されます。)に以下の値を設定してください。
XQSHQの規定値 : 高優先度で起動
Commandの規定値 : cmd.exe /c start “xqshq” /high “%1”

値をそれぞれ設定すると、エクスプローラでexeファイルを右クリックした際に「高優先度で起動」というメニューが追加され、これをクリックすると、あらかじめ優先度が高の状態でアプリケーションが起動されます。

同様にして他の4段階の優先度で起動するためのメニューも追加できます。
ちなみにXQSHQに設定した「高優先度で起動」という規定値は任意です。
ここに設定した値がエクスプローラのメニューで表示されるので、どの優先度で起動するのかわかりやすいような名前にしておきましょう。

リアルタイム
Key Name : XQSHP
Commandの規定値 : cmd.exe /c start “xqshp” /realtime “%1”


Key Name : XQSHQ
Commandの規定値 : cmd.exe /c start “xqshq” /high “%1”

通常以上
Key Name : XQSHR
Commandの規定値 : cmd.exe /c start “xqshr” /abovenormal “%1”

通常以下
Key Name : XQSHS
Commandの規定値 : cmd.exe /c start “xqshs” /belownormal “%1”


Key Name XQSHT
Commandの規定値 : cmd.exe /c start “xqsht” /low “%1”

むやみにプロセスの優先度を変えるとシステムに不具合を来す可能性もありますので、優先度の変更は程々に。

スポンサードリンク
No tags for this post.

Home > Tips 連載 | レジストリ > Windows レジストリTIps 第8回 -アプリケーション起動時に優先度を選択-

アーカイブ
カテゴリー
ツイート
  • 以前にもジャック周りに半田ごて入れてますし、HDDとバッテリも交換してますので、いまさら修理にも出せませんねえ… 3年 ago
  • HD60GD9のイヤホンジャックが劣化したのか、再生中にリモコン機能が誤作動するようになったので、リモコン端子とGNDにジャンパをかまして直せないかテスト中です 3年 ago
  • 過去のLogicool Setpointの保存場所を発見 ftp://ftp.logitech.com/pub/techsupport/mouse/ ロジクールゲーミングソフトウェアはイマイチ使いづらいのです… 3年 ago
  • Comfortable PC Ver 2.9.1を公開しました。 よろしくお願いします。 pc-zero.jp/pages/software… 4年 ago
  • 長いこと放置してしまいましたので少し保守作業です 4年 ago

Follow Me on Twitter

Return to page top

Highslide for Wordpress Plugin